So-net無料ブログ作成
検索選択
ロックンロール ブログトップ

Just Because / John Lennon [ロックンロール]

 ビートルズが世界的になったのは、64年から70年、それが個人的には中学校から大学という時期で、やはり一番影響を受けたアーティストでしょう。
 でも、解散してからはなぜかあまり聴かなくなってしまいました。
もちろん、ソロになってからも4人にはそれぞれヒット曲もありますが、ビートルズ時代のようには夢中にはなれませんでした。

 さて、そんなビートルズ解散後の、ジョン・レノンのソロアルバムのひとつ、「ロックンロール」。
ソロとして何枚目かは忘れましたが、もちろんヒットはしました。
 発売当時ももちろん聴きましたが、その後は何故か遠ざかってしまいました。
john.jpg
 でも、最近気がついたのですが、このアルバムでジョンがカバーしている「スタンド・バイ・ミー」、このアレンジでカバーしている若いミュージシャンが多いですね。
 オリジナルのベン・E・キング盤ではなく、ギターのカッティングから入るパターンです。
やはり70年代ということで、今の若い人にはそのほうがいいのかもしれませんね。

 さて、そんなジョン・レノンのアルバム、「ロックンロール」の中に入っている3連のバラードです。

 Just Because

 これも、すっかり忘れていました。(^^;
あれっ?こんな曲はいってたっけ?なんて思って、CDを出してきたら入ってました。
 のちにCDも買っているのに、忘れているんですね~。
だめですね~。(^^;


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Crazy Love / Paul Anka [ロックンロール]

 いわゆるオールディーズとかロックンロールといった種類の音楽が注目され始めたのは、たぶん73年の映画映画「アメリカングラフィティ」の公開が引き金となったのではないでしょうか?
 そのあと日本ではちょっとしたブームにもなりました。

 このオールディーズとかロックンロールを聴かせるというか、バンドが入って生演奏するライブハウスが登場したのは、それから2、3年後でしたね。
 その代表というのが、ケントスという店でした。

 恥ずかしながら当時そういった店には疎く、気がつきませんでしたが、仕事の関係で何軒か似たような店に入った記憶はあります。
 それがケントスだったか、別の店だったかはもう記憶のかなたに飛んで行ってしまいました。

 ずっと後になって、オールディーズのラジオ番組をつくったことがあり、そのパーソナリティーが島敏光さんでした。
 この島敏光さんが、なんとケントスにも深くかかわりがあったんですね~。

 こんな本をお書きになっています。
島利光.jpg
 これがなかなか面白い。
ケントスの草創期から現在までのドラマが、その渦中にいた人ならではの目で描かれています。

 興味のある方は、一読をお薦めします。

 さて、そんなケントスでも、何百回、いや何千回?歌われたはずのナンバーです。

 Crazy Love    Paul Anka 

 ちなみに、ケントスの行ったことがある方ならご存知かもしれませんが、「ケントス新聞」というカラフルなメニュー兼新聞があります。
 島敏光さんはその編集長でもあるんです。

 もうひとつちなみに、こんな映画もありました。

 この胸のときめきを


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

Baby Blue / Gene Vincent [ロックンロール]

 50年代に活躍したジーン・ヴィンセント、ビートルズのジョン・レノンなどもそのパワフルな歌の大ファンだったようですね。
 ソロ・アルバムロックンロール」でも名曲「ビー・バップ・ア・ルーラ」をカバーしています。

 歌詞はいたってシンプル、それを力強いシャウト唱法で歌い、独特のノリを作り出していました。
 当時は、まだまだロックンロールは親たちにとっては眉をひそめる音楽に過ぎず、何かにつけて否定したり、それまでのおとなしいポピュラーソングに戻そうとしたのです。
 でも、親の世代が否定したにもかかわらず、シンプルでパワフルなノリ(グルーヴ感)は、すぐにポップス界の主流になっていきました。
 そんな当時のロックンロール・スター、ジーン・ヴィンセントの大ヒットは、やはりこの曲ですね。

 Be-Bop-A-Lula
 
 一応3連のビートですが、バラード・・・ではないですね。(^^)
 でも、この曲とそっくりのメロディーで、もう少しテンポのゆっくりしたナンバーがあります。

 Baby Blue

 こちらはまあ3連のバラードと言えなくもないですかね。
Gene Vincent.jpg
 いまのラップ・ヒップホップなども、そのうちロックンロールみたいになるのでしょうか?
 もうなっているという人もいますが、「主流」ですか・・・ね。
 そろそろ消えていくような感じもありますが・・・。
 


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

Send Me Some Lovin / Buddy Holly [ロックンロール]

 ちょうど50年前のきょう2月3日、ロックンロールの初期に活躍し、あのビートルズなどに大きな影響をあたえたシンガー、バディー・ホリーが飛行機事故により、なくなりました。
Buddy Holly.jpg
 ギタードラムによるバンドの形を作り、またギターも立って演奏するという、いまでは当たり前になっているスタイルを確立したバディー・ホリー。
 ビートルズや、リンダ・ロンシュタットなどのカヴァーもおなじみですね。

 そんなバディー・ホリーの3連のナンバーです。

 Send Me Some Lovin

 ところで、このバディー・ホリーが亡くなった飛行機事故ですが、操縦士のほかに、あと二人バディー・ホリーとおなじくロックン・ロールの発展に寄与したシンガーが犠牲になりました。
 ビッグ・ボッパーとリッチー・ヴァレンスですね。

 みんな、これからというときでした。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Walk On / Roy Orbison [ロックンロール]

 50年代の真ん中あたり、カントリー&ウエスタンやリズム&ブルースのミュージシャンが互いに影響を受けて誕生したのがロックン・ロールでしたね。
 チャック・ベリーやリトル・リチャード、もちろんエルビスもそうですね、それからバディー・ホリー、ジーン・ビンセントなどの名前があげられますが、この人もそうでしたね。
  ロイ・オービソン.jpg
 ロイ・オービソン、あの「おおプリティー・ウーマン」とか「オンリー・ザ・ロンリー」などのヒットは今では日本でもおなじみです。
 今では、というのは、実は当時は、ほかのロックンロールシンガーにくらべ、なぜか日本での知名度はいまひとつだったのです。
 「おおプリティー・ウーマン」は、何年かまえ大ヒット映画にも使われ有名になりました。
 
 さてそんなロイ・オービソンの3連のバラードです。

 Walk On

 そういえば、ヴェルベッツの「愛しのラナ」も、このロイ・オービソンが作ったんじゃなかったかな?
 間違っていたらすみません。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Right Or Wrong / Wanda Jackson [ロックンロール]

 中学校のころ、ラジオから流れてきて、なんだこりゃ・・・と思った曲のひとつが「フジヤマ・ママ」でした。
 英語歌詞の中に広島とか長崎といった地名も入っていたりして、ちょっと親しみを持った記憶もあります。
 そのフジヤマママを歌っていたのがワンダ・ジャクソンですね。
wanda jackson.jpg
 当時(50年代後半?)日本ではもちろん話題になったのですが、アメリカではそれほどでもなかったようですね。
 クイーン・オブ・ロカビリーとか、ファーストグランド・レディー・オブ・ロックンロールといった称号もあるようですが、本当のところはどうなんでしょう。
 そんな、ワンダ・ジャクソンの3連のバラードです。

 Right Or Wrong

  ところで、この曲ではなく、さっきの「フジヤマ・ママ」ですが、広島、長崎という地名があるということで、日本で大ヒットしたのですが、あまり良い意味ではないみたいですね。
 後から知ったことなんですが、当時は戦後まだ10年くらいで、戦争のネタが歌にも使われていて、この歌詞に登場する広島や長崎は、やはり原子爆弾と関係があるんですね。
 私を怒らせると怖いわよ、広島や長崎にやったようにしてやるとかなんとか、そんな内容だったと思います。
 それを英語の分からない日本人が喜んで買ってしまった・・・ということなんでしょうね。
 私もその一人ですが、レコードは買いませんでしたが・・・というより、発売されたころは小学生でした。

 ワンダ・ジャクソンのオフィシャルサイトがあります。

 Wanda Jackson


nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

Ain't That A shame / Fats Domino [ロックンロール]

 きのう仕事がひと段落し、急きょ今日から3日間夏休みということになりました。
何も予定は立てていなかったため、ゴロゴロとしていたのですが、なんか損した気分もあるんですがね~。
 さて、ここのところ80年代90年代という、このブログでは「新しい」曲を取り上げてきました。
 そのせいか、いや世間がお盆休みで、ガソリン代も高いということで、同じように家でゴロゴロする人が増えたせいでしょうか、このブログの閲覧数が「えっ?」ということになっています。
 一昨日が、一日で約900、きょう21時現在、すでに1000を超えてしまったのです。
 これはどういうことでしょう?
 まさか一昨日の「超ミニ」が効いたのでしょうか?
 そんなことはないですよね。
 でも、一昨日初めてこのブログをご覧になった人は、いきなり「スカートの長さ」ですから、やはり「ヘン」なブログと思われたでしょうね。
 そんなことはありません。
 いつもは、いたって真面目です。
 数あるポップスや歌謡曲などの大衆音楽の中から、3連のバラードという形式の音楽だけを集め、なにやらウダウダと理屈をこねたり、重箱の隅をほじくったりしております。
 ハイ。(^^;
 
 というわけで今日の3連のバラードはこの曲です。

 Ain't That A Shame    Fats Domino

 ロックンロールのオリジネイターのひとりですね。
Fats Domino.jpg

  そういえば、この曲もそろそろ取り上げようとしていたところで、あるブログでYOUTUBEのリンクが紹介されてしまいました。
 やはり油断すると先を越されるというか、家庭菜園でちょうど収穫というときに、トマトをカラスにつつかれて・・・いや、そんな失礼な書き方はいけませんね。
 「熟しましたよ、早く収穫しないとだめですよ」
という、やさしいお心遣いですね、きっと。(^^)

 ファッツ・ドミノについて、何か話題をと思ったのですが、なかなか「これは」というネタがありません。
 この曲のヒットした55年・・・いわゆる「ロックンロール元年」ですが、その55年から59年まで本国アメリカでは、エルビス・プレスリー、パット・ブーン、ペリー・コモに続いて、このファッツ・ドミノが多くのヒット曲を出していました。
 もちろん黒人ミュージシャンではトップです。
 あのチャック・ベリーも、リトル・リチャードもかなわなかったんですね。 


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

I'm Sorry / Bo Diddley [ロックンロール]

 チャック・ベリーやリトル・リチャードなどとともに、ロックンロールを作ったミュージシャンの一人、ボ・ディドリー。
 この6月2日、惜しくもこの世を去りました。
Bo.jpg
トレードマークは、何といってもこの四角いギターですね。
ギター.jpg
 
 Bo Diddley

 カッコいいですね、50年代にこんな個性的なシンガー&ギタリストがいたんですね~。
 この独特のリズムカッティングも、彼があみだしたもので、それがのちのロックンロールの基礎となっていったわけです。
  さて、そんなボ・ディドリーの3連のバラードです。

   I'm Sorry

  チャック・ベリーもそうでしたが、このボ・ディドリーも60年代には、本国アメリカではもう「終わった」アーティストでした。
 それが、ふたたび注目を集めるきっかけとなったのは、イギリスのミュージシャンが彼らの曲をカヴァーしていたこと。
 とくにローリングストーンズは、このボ・ディドリーをかなり研究していたみたいですね。
 ほかにはキンクスとかアニマルズ、それからエアロスミス、ドアーズなど、のちの大物バンドもこのボ・ディドリーの曲をカヴァーしていました。
 


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

Send Me Some Loving / Little Richard [ロックンロール]

 日本にロックンロールが入ってきたのは50年代の終わりごろ、代表的なアーティストは言うまでもなくエルビス・プレスリーですね。
 日本の歌手もたくさんカバーしましたが、そのころはロックンルールとしては定着しなかったんじゃないでしょうか。
 日本にまだロックンロールを受け入れる土壌ができていなかったことや、それを日本人が歌うとリズム感などが、どうしても合わなかったんですね。
 当然、ポップス歌謡曲の「ノリ」に近い、ポール・アンカやニール・セダカなどの曲が、エルビスの曲よりむしろヒットしたような気がします。
 そんなこともあってエルビス以外のオリジナル・ロックンロールは、ほとんど知られることもなく60年代に入って行きました。
 そんなオリジナルのロックンロールが日本でようやく知られることになったのは、あのビートルズがカヴァーしていたことからでした。
 チャック・ベリー、リトル・リチャード、バディー・ホリー・・・みんなビートルズのアルバムの中で、その存在を知ったのでした。
Little Richard.jpg
 
 さて、今日の3連のナンバーは、そのなかのひとり、リトル・リチャードです。
ビートルズが取り上げていたのは「のっぽのサリー」などですが、ほかには「ルシール」や「ジェニ・ジェニ」などたくさんのヒットがあります。
 そんなリトル・リチャードの3連です。

  Send Me Some Loving

 今でこそリトル・リチャードの名前はよく知られていますが、ビートルズが登場するまで日本ではほとんど知られていませんでした。
 当時の曲で、日本でも知られていた曲は、たぶん鈴木やすしがカヴァーした「ジェニ・ジェニ」くらいではないでしょうか。
 このSend Me Some Lovingは、ジェニジェニとおなじ57年のヒット曲です。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

The Things I Used to do/Chuck Berry [ロックンロール]

 いまでこそロックンロールの元祖みたいな存在として、多くのファンがいるチャック・ベリーですが、現役として活躍していた時代には、日本ではたぶん誰も知らなかったのではないでしょうか?
 50年代の真ん中あたり、ロックンロールといえば、白人ではもちろんエルビスですが、みずからそういった「新しい音楽」を作り出していたのは、黒人のこのチャック・ベリーや、リトル・リチャードなどでした。
  彼らは、それまでのリズム&ブルースとは、ちょっと違ったサウンドを作り出していました。
 でも、この当時まだまだ音楽における人種の違いは大きく、エルビスは大ヒットしましたが、このチャック・ベリーなどは、オリジナルであるのにもかかわらず、それほどの大ヒットということにはなりませんでした。
 日本では、おそらくその存在すら知られていなかったはずです。

60年代に入ると、すでにに「終わりかけていた」そのチャック・ベリーが、にわかに注目を集めました。
 あのビートルズが、このチャック・ベリーやリトル・リチャードの曲をカバーしていたんですね。
  
   The Official Site of Chuck Berry

 ビートルズが歌う「ロール・オーバー・ベートーベン」や「ロックンロール・ミュージック」といったチャック・ベリーのナンバーは、初めて聞いたとき、とても新鮮な感じがしました。
 さらに、ビーチ・ボーイズの「サーフィンUSA」が、チャック・ベリーの「スイート・リトル・シックスティーン」の歌詞を替えただけだったということを知り、チャック・ベリーって誰なんだ、というわけで時代を逆戻りして、さらに古い音楽まで聴くようになったのです。
 
 さて、そんなチャック・ベリーの3連のバラードです。
いわゆる「ブルース」で、あまり好きではないのですが・・・。

 The Things I Used to do

 じつは、この曲は最近まで知りませんでした。
持っているアルバムには入っていなかったからです。
 
 1981年だったでしょうか、東京・渋谷公会堂で、このチャック・ベリーのコンサートを観ました。
当時すでに60代くらいだったんじゃないでしょうか。
 でも、あの有名な「ダック・ウォーク」までやってくれました。
さらに驚いたのは、バックにあの成毛 滋さんが参加していたのです。
 しかもギターではなく、ピアノ!です。
この日本公演には、いろいろと裏話があるようなんですが、詳しくはわかりません。
 でも、当時まさかチャック・ベリーの歌が見られるなんて想像もできませんでしたから、ステージに出てきた姿を見たときは、本当に感激しました。
 


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
ロックンロール ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。