So-net無料ブログ作成
フォーク ブログトップ

グリーン・フィールズ / ブラザース・フォア [フォーク]

 60年代、ちょうどエレキブームと同じ頃か少し前、日本ではとくに大学などではモダン・フォークという音楽が人気を集めました。
 モダン・フォークというのは、もちろんアメリカのフォーク・ソングですが、「峠の我が家」などのいわゆるアメリカ民謡ではなく、50年代から60年代に、新しく作られたフォークソングということで、その名前が付けられました。
 いまでは、そのモダンがとれ、フォークといえばこのモダン・フォークのことをいうようになっています。
 当時それが、大学生を中心に人気を集め、楽器編成もシンプルということで、全国にそのモダン・フォークのバンドができました。
 そういったバンドのお手本の御三家がブラフォー、キントリ、PPMだったのです。
ブラフォーというのは、もちろん女性のOOではありません。The Brothers Four
キントリというのは蚊取り線香ではなく、Kingston Trio
PPMというのは濃度ではなく、Peter,Paul & Mary
(恥ずかしながらこの時代にすでに存在したギャグです)
こういったグループの曲をコピーしていたのです。
 ちょっとマニアになると、こういったバンドのほかに、
 The Weavers, The Modern Folk Quartet, The Highwaymen,Ian&Sylvia,The New Christy Minstrelsなどもよくコピーしていました。
 
 さて、そんなフォーク・バンドのひとつ、The Brothers Fourの代表曲で、最初のヒットがこれでした。

    Green Fields

  いいですね、歌詞見なくても歌えてしまいますね(^^;
じつはこの曲、キー(声の高さ)がぴったりで、こういった曲の中でもっとも楽に歌えたので、本当によく歌いました。
 このグループの曲には、7つの水仙、500マイル、はるかなるアラモ、トライ・トゥ・リメンバーなど、他にもたくさんのヒット曲がありますね。
 
 ところで、こういったモダンフォークと切っても切れない関係にあったのが、ファッションですね。
いわゆる「アイビー・ルック」というやつです(^^)
 トラッドというのでしょうか、ボタンダウン・シャツ、ブレザー、ローファー、チノパン・・・七三にきちっと分けた頭髪・・・例の「あれ」ですよ。
 正直に言いますと、大学時代(60年代の終わりごろ~70年代のはじめ頃)このファッションが大嫌いだったのです(^^)
 お金の関係もあったのですが、そのようなファッションは似合わないし、他の人もカッコいいとは感じられなかったのです。
 したがって、当然VANなどとも無縁の生活でした。
しかし、今になって考えると、もう少し素直になっていればよかったかな、という面もなきにしもあらず・・・。
 当時から、あのファッションで通しているみなさんは、みんなカッコいいですもん。

 
 


フォーク ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。