So-net無料ブログ作成
検索選択
ソウル ブログトップ

メリー・ジェーン / ザ・プラターズ [ソウル]

 日本の曲を外国の歌手がカバーする、とくに日本人歌手が英語で歌っている日本の曲を、英語を母国語とする外国の歌手がカバーすると、たしかに発音は何の問題もないのですが、何か物足りない・・・。

 この感覚は何なんでしょうね?

 日本人が苦労して英語で歌っている・・・いや、英語で内容を伝えるというより、その「雰囲気」を出すだけなので、母国語の歌手が、さらっと歌ってしまうと、その「雰囲気」がじゅうぶん出てこないのかもしれません。

 さあ、これはどうでしょうね?
つのだ☆ひろの名バラード、「メリー・ジェーン」を、あの「オンリー・ユー」のプラターズがカバーしています。

 
 う~ん、やっぱりあっさりしすぎですよね。

 ところで、この「メリー・ジェーン」を、バンドでやってみようという話があり、練習をしました。
歌手はいないので、テナーサックスがメロディーを吹きます。
 イントロをギターにして、フルコーラスをテナーサックス・・・これは逆に濃くなり過ぎて、今ひとつでした。

 で、ギターで間奏を入れてみることにしました。
でも、これでも今ひとつです。

 間奏部分を別のメロディーにしたらどうか・・・。
で、ひらめいたのがサンタナの「哀愁のヨーロッパ」の最初の部分。(^^♪
 ただ、3連じゃないんです。

 でも、やってみたらバックが3連でも弾けそうじゃないですか。

a627.jpg 
 先日、練習のとき、この「哀愁のメリー・ジェーン」を試してみました。
  なかなかいい感じ。(^^♪  
でも、大問題が発生。
  この曲を演奏するイベントの日に、親戚の法事が入ってきてしまいました。  
 
 しかも、主親類・・・田舎のかたならおわかりでしょう。 出席しないわけにはいきません。    
 
 

 「メリー・ジェーン」よりも、ひょっとすると「哀愁のヨーロッパ」よりもあとにうまれたギタリストにピンチヒッターを頼みました。  でも、哀愁のヨーロッパは無理のようです。 (^_^;)


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

Don't Make Me Over / Dionne Warwick [ソウル]

 ソウル系のシンガーなのに、最初に聴いた時そんな雰囲気があまりせず、スッと耳に入ってきたシンガーの一人、ディオンヌ・ワーウィック。
 70年代に、「恋よさようなら」とか「サンホセへの道」など、日本でも次々と大ヒットになるわけですが、ほとんどの曲がそんな軽いタッチで、いかにもソウルというような油濃さの少ないところが、日本でもウケた理由の一つかもしれません。
 たぶん、そのヒット曲の多くが名コンビ、バート・バカラック&ハル・デイビッドの作品だったことも関係があるんでしょうね。
 そういったことにはまるで疎いので、ひょっとすると的外れなことを書いているかもしれませんが、記憶に残る当時の印象は、そんなところです。

dionne.jpg

 さて、そんなディオンヌ・ワーウィックによる3連のバラードです。
これは誰の作品でしょうね?
 バート・バカラックではないような・・・。

 Don't Make Me Over 

 ところで、この映像を見ていて気がついたのですが、ワーウィックではなく、ウォーウィックと発音していましたね。
 そういえば、war(戦争)は「ウォー」だし、Robin Wardはロビン・ワードではなくロビン・ウォードのほうが正しいというようなことを、以前よくご訪問いただいたチョンボマンボさんに教えていただいたことがありました!
 やはりこちらもWar...ですから、ウォーウィックなんですね~!


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

My Last Chance / Marvin Gaye [ソウル]

 アーティストには、いわゆる一般人にくらべ、波乱万丈な人生を送っている人が多いのではないでしょうか?
 貧困からの脱出、栄光の日々、挫折、ドラッグ、男女関係、暴力事件・・・そのほとんどを経験していると言っていいのが、このマーヴィン・ゲイですね。
 挙句の果てに父親に殺されるという、壮絶な最期を遂げています。

 数々のヒット曲がありますが、日本ではポップチャートを駆け上るというようなシンガーではなく、どちらかというとマニアックなファンの支持を得ていたんじゃないでしょうか?

marvin.jpg 
 アルバムなどは持っていなくても、モータンのベスト盤などには、たくさん入っていますから、耳にするころは多かったような気がします。

 さて、そんなマーヴィン・ゲイの3連のバラードです。

 My Last Chance

 この曲がどのアルバムに入っているのか知りませんが、なかなかいい曲ですね。


nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

Hot Fun In The Summertime / Sly & The Family Stne [ソウル]

 60年代の終わりごろ、それまでリズム&ブルースといわれていた音楽が、ソウル・ミュージックと呼ばれるようになりましたよね。
 そのあたりについては、まったく詳しくないので説明のしようもありませんが、たしかにあの時代に、いわゆるアフリカ系アメリカ人によるポップスが大きく変わりました。

 ちょうどそのころ登場したこのグループも、それまでのリズム&ブルースとは違ったサウンドでした。
 もう少しあとかもしれませんが、それはファンク・ミュージックという名前で呼ばれたような気がします。
 (調べたりする気力がなく、このあたりまったく自信がありません。違っていたらご指摘ください)

 そんな、スライ&ザ・ファミリー・ストーンの、3連のバラード(?)です。(^^;

 Hot Fun In The Summertime

 白人黒人それに男女の混成バンドどいうのも、珍しいですね。
個人的には、当時まったく興味がなく、レコードも買いませんでした。
 後で知ったのですが、このバンドのベース、ラリー・グラハムやブラザーズ・ジョンソンの弟ルイスが始めたのが、いわゆるチョッパー・ベース・・・親指を弦にたたきつける演奏法ですが、これはかっこよかったですね。 
 その後日本でも大流行り、猫も杓子もみんなチョッパーやってました。

 ちなみにチョッパーベース奏法というのは日本だけかもしれません。
スラップ奏法という呼び方もあるんですが、どっちが正式なんでしょうね?

 そのごく初期のチョッパーベースが聴けるのが、このスライ&ザ・ファミリー・ストーンのこの曲です。

 Thank You

 ところで、チョッパーベースですが、70年代から80年代、歌謡曲や演歌などでもいっぱいありましたね。
 それだけ画期的だったのでしょう・・・かね・・・どうでしょう。(まったく自信なし)
Sly &.jpg
 そうそう、日本人の「チョッパー」というと誰でしょうね?
 やはり鳴瀬喜博さんですかね?

 追記

 いやいや、YOUTUBEには他にもいっぱいありますね。(^^)
 後藤次利、細野晴臣・・・・
 いろんな模範演奏の映像もい~っぱいありました。

 みんな好きなんですね~。(^^)
 


nice!(1)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

At Last / Beyonce [ソウル]

 これこそ「歴史の瞬間」と思った出来事って、どれくらい見てきましたか?
  
  東京オリンピック開会式
  アポロの月面着陸
  武道館ビートルズ
  911世界貿易センタービル
 
  嬉しかったこと、悲しかったこと、人それぞれいろいろありますね。
 
 先日、これは生中継は寝てしまって見られなかったのですが、ありましたね。
 
  オバマ新大統領就任式

 さて、この就任式で、新大統領夫妻がダンスをしました。
そのダンスのバックに流れていた曲、なんと3連のバラードじゃないですか!

 素晴らしいですね!
「歴史の瞬間」に流れていた曲が3連のバラードだなんて、このブログも大したものですね~。
(なんか勘違いしているかな?)

 いろいろ調べてみたら、この曲はなんと今日本の女性お笑いタレントがモノマネのネタにしているビヨンセのようです。
 そしてその曲というのがこれでした。

    At Last    Beyonce

  映画キャデラックレコード」でビヨンセが演じたエッタ・ジェームスの曲だそうです。
cadillac records.jpg
 


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

恋は気ながに/ブルック・ベントン [ソウル]

 3連のバラードだけを紹介していくという、この無謀なブログもだいぶ煮詰まってきたかな・・・。
そんなふうに感じている方も多いでしょうね。いや、もともとそんなに多くはないかもしれませんが。(^^)
 でも、まだまだ負けませんよ。曲はいっぱいあるんです。問題はネタを書く気力でしょうか。(^^)
そんなわけで、さきほどサイトをいろいろふらついていたらSong for 4 Seasonsさんのサイトで、ブルック・ベントンという懐かしい名前を見つけ、そういえば3連の曲があったなあと、さっきまでレコード棚を探してみました。
 出てきたのは、なんとA面がダイアモンズ(リトル・ダーリンなどでおなじみ)で、B面がこのブルック・ベントンという、妙な組み合わせのアルバムでした。
 ジャケットはまだ取り込んでいないため、後日ということになりますが、聴いてみたらやはり3連の曲がありました。
 そのひとつが、この「恋は気ながに」It's Just a Matter of Timeです。
1959年、マーキュリーからのデビュー作だそうで、この曲がミリオン・セラーになり一躍人気シンガーになったようです。
 そういえば、このヘンな組み合わせのアルバムいつ頃入手したのか、まったく記憶にありません。
ブルック・ベントンという名前の入ったレコードがある、ということだけは頭の片隅に入っていたのです。
 アルバムの発売年をみると、1977年ですから、なんと30年ぶりに針を落としたことになります。
ところで、このブルック・ベントンというシンガーは、ジャンルは何になるんでしょうね。
 いちおうソウルということにしましたが、聴いた感じではポップスのような気がするし、いややっぱりリズム&ブルースでしょうか?

 11月22日 追記
アルバムジャケットです。

 1977年に、日本フォのグラムが出したロックンロール・コレクションの中の一枚でした。
このシリーズには、ホンデルズとかレスリー・ゴアとか、シャングリラスなどがありましたが、手元に残っているのは、なぜかこのアルバムだけです。
 しかし、このブルック・ベントンを「ロックンロール」で括るのは、なんか無理があるような気もするのですが・・・。
 ちなみに、このアルバムに収録されているのは「恋は気ながに」「ソー・メニー・ウェイズ」「キディオ」「サンキュー・リトル・プリティ・ベイビー」「シンク・トゥワイス」「ベイビー」の6曲です。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

マンズ・マンズ・ワールド  ジェームス・ブラウン [ソウル]

 2006年惜しくも亡くなったミスター・ダイナマイト、ジェームスブラウン
音楽だけでなく、いろんな分野でいろんな形で彼の名前を見かけます。
 西田敏行映画(見てません)に、ゲロッパとかなんとかいう作品があったように思うのですが・・・。
まあそれはおいといて、そのジェームス・ブラウンのバラードの最高傑作(といってしまいます)が、この曲でしょう。

      「マンズ・マンズ・ワールド

 いま調べたら、66年のヒットなんですねえ、もっと前かと思っていました。
ところで、このJamesという名前のカタカナ表記、ジェームスとジェームズ両方あるのですが、どっちが正しいというか原音に近いのでしょうね?
 最近ではジェームズと濁るほうが多くなっているような気がしますが・・・。
手持ちのレコードではジェームスと濁点はついていません。
 このCD(持ってません)ではどうなんでしょうね。

 検索したら、ミスター・ダイナマイト以外にもゴッドファーザー・オブ・ソウルというのもありました。
なんだかなあ・・・。
  
 


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽
ソウル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。