So-net無料ブログ作成
アニソン ブログトップ

月夜のミッキーとミニー [アニソン]

 聞くところによると、日本のアニメが世界をリードしているとか。
個人的には、日本にしろ外国にしろ最近のアニメにはなじめず、昔のディズニーとかハナ・バーべラでしたっけ、あのクマゴローなどのアニメが懐かしいですね。

 ディズニーも、最近のCGアニメというのかな、あれはダメですね。
やはり、手書きのセル(?)を使った昔のアニメのほうが雰囲気があります。
 

 さて、きょうは、これはいつ頃のアニメでしょう?こんな曲です。

 月夜のミッキーとミニー

  これは、まったく知りませんでしたが、なかなかいい曲じゃないですか。


nice!(0)  コメント(2) 

砂の十字架 / やしきたかじん [アニソン]

 音楽のジャンルというのは、しらないうちにいろんなものが出来ていますね。
アニメソング、略してアニソンというジャンルがちゃんとあるんだそうですね。
 とはいっても、その中にはポップスもあれば歌謡曲もある、フォークもあるんですが、ジャンルとして「アニソン」という言葉がつかわれて語られているようです。

 もちろんアニメというのは昔からあるわけで、そうなるとたとえばディズニーの「星に願いを」とか「いつか王子様が」なども、当然アニソンということになるんでしょうか。
 でも、何か違和感があるようなないようなヘンな気分になりますが・・・。

 さて、きょうはそんなアニソンのひとつです。
この方は関西では人気なんだそうですね。
 やしきたかじんさん。
関西に住んでいながら、ほとんどテレビを見ていないので知りませんが、名前入りの番組がいくつかあります。
 いまはちょっと御病気のようでお休みされているようですが、こんど見てみないといけませんね。

 いまは、さすがにほとんどのひとが知っていますが、かつては「やしきた」「かじん」さんなんて言われたりしたそうです。

suna.jpg 砂の十字架

 我々の世代では、このタイトルだとどうしても中村晃子さんを思い出してしまいますね。
 (*_*;

 

 

 

 聞くところによると日本のアニメが世界で人気だとか・・・それはほんとうなんでしょうか?
 へそまがりな私としましては、なにか腑に落ちないんですよね。
日本のアニメは、かの「鉄腕アトム」から、何も進化していないのではないか、そんな気もするんです。
 例の宮なんとかさんの映画も、正直言ってそんなにいいとは思わないというか、説教臭くて途中で見るのをあきらめました。
 テレビのアニメも、ほとんど見たことはありません。

 最近、いわゆるCGで作った妙にリアルなアニメってあるじゃないですか、あれもヘンですよね。
リアルを追求するんだったら実写にすればいいじゃないか、なんて・・・。
 
 まあ、そんなことを考えているのは、ワタクシくらいでしょう。
(*_*;


nice!(0)  コメント(2) 
アニソン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。