So-net無料ブログ作成
検索選択
クリスマス ブログトップ

Have Yourself A Merry Little Christmas / 佐藤竹善 [クリスマス]

 英語の歌というのは、発音の問題などで、やはりちょっとハードルが高いというか、カラオケなどでも余り歌う人はいませんね。
 でも、意味があまりよくわからないので、日本語ではテレてしまうような歌詞の曲でも、案外すんなりと歌えてしまうという利点もあります。

 恥ずかしながら、弾き語りなども楽しんだりするのですが、日本語の歌より英語の歌のほうが得意だったりします。
 発音も、そんなに気にせず、自由に歌っていいんじゃないでしょうかね。
 アメリカ人のYoutubeを見ていても、変な英語がいっぱいありますから。

 そんなわけで、クリスマスソングをひとつ歌ってみました。
3連ではありませんが・・・。(^^♪

 Have Youreself A Merry Little Christmas 

 ギターのほうも、何度かつまづいてごまかしているところもあります。
 (^_^;)
 なかなか、プロみたいにはいきません。

 さて、この曲を3連で歌っている日本人シンガーがいます。

 Have Youreself A Merry Little Christmas

 さすがですね~。
(^^♪
 たしか、この方は他にも英語のカバーを出していますね。


nice!(0)  コメント(0) 

Please Come Hone For Christmas / Jerry Reed [クリスマス]

 最近まであまり知らなかったのですが、カントリー系の素晴らしいギタリストがいました。
いましたというのは、もう亡くなったからですが、チェット・アトキンスなどとの共演もアメリカでは有名ですね。

 その素晴らしいギタープレイの一つです。

 Lightning Rod

 チェットとの共演では、こんな曲も・・・。

 Serenade To Summertime

 さて、そんなジェリー・リードによる、クリスマスソングです。

 イーグルスでもお馴染み。

 Please Come Home For Christmas

  ところで、このジェリー・リードなどを研究して、素晴らしいギターを聴かせてくれる日本のギタリストがいます。
 
 Dr.K こと徳武弘文さんですが、ギターファンならおなじみの名手ですね。
この、Dr.K Projectによるベンチャーズのカバー、これが素晴らしい。
 もうベンチャーズよりベンチャーズらしい素晴らしい演奏です。

 十番街の殺人

  素晴らしい!
ドラムの三浦さんも最高です。

 でも待てよ、みんな一流プロじゃないですか。
ベンチャーズなどのコピーをプロがやるのは反則ですよね。
 コピーというは、アマチュアの特権だと思うのですが・・・。
(^^;


nice!(1)  コメント(4) 

チェッカーズのX'mas Song / チェッカーズ [クリスマス]

 ある食べ物が、その日に限ってめちゃめちゃ売れるという日がありますね。
チョコレートは2月14日だし、節分には太巻きです。
 どちらもそのメーカーのひとつが仕掛けたことですが、すっかりポピュラーになって、最近ではNHKまでが取り上げたりしています。

 さっき、ケーキ屋さんの前を通ったら駐車場が満杯で、普段はいないガードマンがクルマの整理をしていました。
 そうです、クリスマスケーキですね。
今夜あたり、ケーキを囲んでメリー・クリスマス!なんていう家庭も多かったんじゃないでしょうか。
 このケーキというのは、昔からあるんでしょうか?
やはりケーキ屋さんあたりが仕掛けたんでしょうかね。
(^^)

 さて、そんなクリスマス・イブのきょうは、こんな3連のバラードにしたいと思います。
ジュリア.jpg
 このシングルのB面に入っていたのが、この曲でした。

 チェッカーズのX'mas Song

 ところで、最近知ったことなんですが、クリスマスのあいさつというと、当然メリー・クリスマスですが、アメリカニュース番組などでは、このメリー・クリスマスという言葉は使わず、かわりにHappy Holidayなんだそうです。

 メリー・クリスマスというのは、もちろん宗教的な言葉です。
アメリカでも、キリスト教だけではなく、仏教、イスラム教など、いろんな宗教があり、ニュース番組では、宗教的にも中立を保つ必要があり、このHappy Holidayという言葉になったようですね。

 じつはYOUTUBEの私のUPした動画にコメントを寄せてくださった方がいるのですが、メリー・クリスマスではなく、このHappy Holidayになっていました。
 アメリカではもう放送だけではなく、一般化しているのかもしれませんね。 


nice!(1)  コメント(2) 

Happy Christmas(War is Over) / John Lennon [クリスマス]

 日本というのは、ほんとによい国ですよね。
こんなことを書くと、すぐ右だ左だなんておっしゃる、まるで方向指示器みたいなかたがいらっしゃいますが、そんなことはどうでもよいのです。
 そういうことに関しては、知識がまるでないため、議論することもできません。(^^;

 よい、というのは宗教に関してです。
お正月には「神様」に祈り、道端にお地蔵さまを見つけると拝み、クルマを買った時は神社でお祓いをしてもらったり、お寺にお参りして御院主さまのありがたい話を聞き「歎異抄」を読んだり、クリスマスにはイエス・キリストの誕生日を祝い、花祭りではお釈迦様の誕生日を祝い、村はずれにある大きな木を御神木として崇めたり・・・。
 よその国では、なかなかそうはいきません。
 
 さて、そういうわけで今日はクリスマス・イブですが、なんかもうキリスト教とか「宗教行事」といったイメージは、なくなってしまいましたね。
 家族でささやかなパーティーを開いたり、恋人同士オシャレなレストランでスペシャル・ディナーに行ったり、駅横の屋台でおでんをつつきながら焼酎のお湯割りをたのしんだり・・・。
 でもそんなふうに、みんながそれぞれに楽しめるということこそ、平和ということなのではないでしょうかね。

 Happy Christmas   John Lennon
 
happy christmas.jpg
 
 Merry Christmas!


nice!(3)  コメント(6) 

クリスマスの扉/須藤薫 [クリスマス]

 クリスマスの曲・・・いわゆるクリスマス・ソングではなく、クリスマスをテーマにしたオリジナル曲というのは、日本の歌謡曲やポップスでは、以前はそんなに耳にしませんでした。
 「赤鼻のトナカイ」や「ジングル・ベル」などのスタンダードナンバーを歌った「クリスマスの企画レコード」ですら、それほど目にすることはありませんでした。
 70年代の終わりごろになって、やっとユーミンなどのアーティストが、オリジナルのクリスマス・ナンバーを作るようになっていったように記憶しています。

 ユーミン、山下達郎佐野元春、サザン・オールスターズ、竹内まりや・・・
こういった世代から、松田聖子、ドリームズ・カム・トゥルーなど、いまや日本のアーティストによるオリジナルのクリスマス・ナンバーは、ごく当たり前になってしまいましたね。

 さて、そんな日本のアーティストによるオリジナルのクリスマスをテーマにした曲のひとつ「クリスマスの扉」。
 作詞・田口俊、作曲・杉真理、歌は須藤薫。
これが、またまた素晴らしい3連のバラードでした。

 クリスマスの扉


 
 この曲が収録されているアルバムは、須藤薫の5枚目のアルバム「Drops」です。
1983年11月の発売ですから、もう24年もたってしまったんですね。 


ふたりだけのクリスマス/イーグルス [クリスマス]

 12月も中旬に入って、街角のイルミネーションやポインセチアなど、クリスマスの雰囲気も次第にたかまってきています。
 でも、とくに今日などは妙に寒くなくて、なんだかいまひとつだなあ、という気がしませんか?
 さて、このブログも、そろそろクリスマスソングをとりあげてみたいと思います。
とはいっても、クリスマスのスタンダードナンバーには、意外にに3連のアレンジがありません。
 オムニバスアルバムやクリスマス・アルバムを引っ張り出してきましたが、スタンダード・ナンバーではみつかりませんでした。
 持っていないのでわかりませんが、コニー・フランシスのクリスマスアルバムでしたら、ひょっとすると3連のアレンジがあるかもしれません。

 そこで、今回は最近30年ぶり(?)くらいにオールスタジオ録音のニューアルバムを出した、イーグルスのクリスマス・ナンバーです。
 「二人だけのクリスマス」

 この曲が、なつかしい3連のバラードでした。
たしか「ホテル・カリフォルニア」の大ヒットのあとに発表されたと思うのですが、オリジナルアルバムには入っていませんでした。
 このシングル盤、確か持っていたのですが、みつかりません(^^;
最近のベスト・アルバムには入っているようですが、残念ながら昔のベスト・アルバムしか持っていなくて聴くことができないのです。
 いまさらもう一枚ベスト盤を買う気にはならないし・・・(^^)


クリスマス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。