So-net無料ブログ作成
検索選択
フレンチ・ポップス ブログトップ

愛の願い / ミッシェル・ポルナレフ [フレンチ・ポップス]

 70年代ポップスと聞いて、思い出すアーティストの一人が、ミッシェル・ポルナレフですね。
70年代の初めごろ、印象的なヒット曲がたくさん出ました。
 「シェリーに口づけ」「愛の休日」など、日本のポップス歌謡曲にも通じるというか、日本人好みのメロディーが多かったですね。
 そんなミッシェル・ポルナレフの代表曲の一つ、「愛の願い」これも3連でしたね。

  ところで、日本のポップスは、正確かどうかは別にして、すぐ英語が使われますね。
フランスなどはどうなんでしょうね?  
 あんまり英語で歌うことは少ないんじゃないでしょうか。
でも、このミッシェル・ポルナレフは多いですね。  
 最初からアメリカを意識していたのかもしれませんが、この「愛の願い」も、英語の部分があります。
やっぱり同じアルファベットを使う国です、漢字圏の日本人よりは自然な発音ですね。


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

雪が降る / アダモ [フレンチ・ポップス]

 60年代から70年代、日本でいちばん有名だったフランスの歌手といえば、やっぱりアダモではないでしょうか?
もちろん、シルビー・バルタンなどもいましたが、一般的な人気といえばやっぱりアダモでしょう。

 何度も来日して、日本語でもレコードをだしています。
そのアダモの代表的な曲です。

 
   雪が降る 

 
 
   最初の部分は3連ではありませんが、サビに入ると一転印象的な3連ですね。

アダモ.jpg

 
  












 

 きょうの天気予報によると、あすはかなりの寒波がやってきそうです。
このあたり滋賀県北部の予想最低気温はマイナス5度、積雪もありそうです。

 昨年は、1月の終わりから降り始め、ひさびさに1メートルを超える大雪になったのですが、今年はどうでしょうね。
 
 
 


nice!(0)  コメント(5) 
共通テーマ:音楽

輝く太陽 / ヴィッキー [フレンチ・ポップス]

 66年ごろだったと思うのですが、エレキ・ブームビートルズ・ブームが一段落して、日本ではグループサウンズのブームが始まっていました。
 ちょうどそんなころ。ポール・モーリア・グランド・オーケストラのすがすがしいオーケストラ演奏のレコードが大ヒットしましたね。
 それが「恋はみずいろ」ですが、この曲は日本でもすぐに大ヒットし、森山良子さんなどがカヴァーしていました。
 海外でも、すぐにカヴァーが出ましたね。
なかでもオリジナルに負けないほどヒットしたのがヴィッキーでした。
ヴィッキー.jpg
 この曲はもちろん3連のバラードではありません。
このシングル盤のB面に入っている曲が、3連のバラードでした。

 輝く太陽

 なかなかいい曲ですが、やはりB面向きの曲ですね。(^^;

 ところで、さっきの「恋はみずいろ」ですが、カヴァーの中で、もうひとつ外せないのがこのシンガーですね。

 クロディーヌ・ロンジェ

 いいですね~。(^^)¥
 もう、こういう歌い方のシンガーって出てこないのでしょうか?
 叫び系というか、白人でもリズム&ブルースみたいに、シャウトしたりするシンガーばかりです。
 こういう「ささやき系」「ウィスパー・ヴォイス」のシンガーが、ぜひ出てきてほしいですね。


nice!(2)  コメント(8) 
共通テーマ:音楽

愛と同情と / シルヴィ・バルタン [フレンチ・ポップス]

 1961年か2年ごろ、まだ小学生だったのですが、家にあった小さなトランジスタ・ラジオを、いつのまにか独り占めするようになり、勉強すると言いながら、夜はそのラジオにかじりついていました。
 1963年から65年が、ちょうど中学校で、本当にラッキーだったと思います。
そのラジオから聴こえてくる、アメリカからのきらめくようなポップスはもちろん、イギリスからはビートルズやハーマンズ・ハーミッツ、ペトゥラ・クラークなど、イタリアからはミーナとか、ジリオラ・チンクエッティ、そしてフランスからはシルヴィ・バルタンやフランスギャル、マージョリー・ノエル・・・学校の音楽に飽きていた少年の、まだ素直さの残っていた心には、みんなそのままストレートに入ってきました。

 おかげで、いまだにこんなブログまで書いているわけですが・・・。

 さて、そんな「あの頃」の輝くスターのひとり、シルヴィ・バルタンです。
大ヒット曲は、なんといっても「アイドルを探せ」ですね。
 英語でさえ、どういう単語であるかもわからず聴いていたのですが、このフランス語はさらに輪をかけて難しく聴こえました。
 でも、とても新鮮でした。
シルビー・バルタン.jpg
 さて、そんなシルヴィ・バルタンの3連のバラードです。

 愛と同情と  

 実は、この曲全然知りませんでした。
1966年のヒットらしいのですが、日本ではシングルカットされなかったのでしょう。
 1967年のアルバム「パリより愛をこめて」の中に収録されています。
 


nice!(1)  コメント(8) 
共通テーマ:音楽

愛しのアリーヌ / クリストフ [フレンチ・ポップス]

 このブログをよくご覧いただいているLy☆liさんから、うれしいネタを教えていただきました。
いま、話題になっているテレビコマーシャルのひとつで、白い犬が登場して、それがとぼけた味わいを出している作品がありますね。
 というより、要するに携帯電話のコマーシャルですが、それに使われている曲が、なんと3連のバラードでした。
 しかも知る人ぞ知るという感じのフレンチ・ポップスで、これがまたなかなか素晴らしい。
 というわけでYOUTUBEを、と思ったらもう削除されてしまいました。(^^;

 「愛しのアリーヌ」 クリストフ

クリストフ .jpg
 そうそう、例の携帯電話のCMですが、そもそもは綾戸…じゃなかった、上戸彩ちゃんが出てましたよね?
 でも、最近はすっかりあの白い犬に食われてしまいましたね。
 ほんと、いい味出してますもん。

 ところで、最近のCMで好きなのは、何といっても缶コーヒーの地球監視員ジョーンズですね。
 テレビを見ていても最近はほとんどBGM状態なのに、このCMになると思わず見入ってしまいます。(^^)

 Ly☆liさん、どうもありがとうございました。
 


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

Loving You / Francoise Hardy [フレンチ・ポップス]

 あけましておめでとうございます。
新しい年になっても、まだ性懲りもなくこのブログを続けるつもりですので、よろしくお願い申し上げます。 

 さて、60年代から70年代にかけて、フレンチ・ポップスのブームがありました。
シルビー・バルタン、フランスギャル、マージョリー・ノエル、いいですね~懐かしいですね。
 そんななかにフランソワーズ・アルディーという歌手がいます。
Francoise Hardy.jpg
 シルビー・バルタンなどと一緒で、フランスでは60年代から活躍していたのですが、日本で知られるようになったのは70年代に入ってからではないでしょうか。
 まず売れたのが「さよならを教えて」という曲で、日本でもちょっとしたヒットになりましたね。
 この曲を聴いていると、「あれっ?」と思う部分がありますね。
これとそっくりな日本の曲があります。
 「若草の頃
もう1曲、これにも一部分、よく似たメロディーがあります。
 「まちぶせ
いいですね~「石川ひとみ」じゃないのがまたマニアックでしょう?
 この三木聖子さん、たしかその後、〇ミューズという音楽事務所で事務をしているという噂があったのですが、本当はどうだったんでしょうね。

 あ、話題がどんどんそれてしまいましたが、元に戻しましょう。
 そのフランソワーズ・アルディーの3連のバラードです。

 Loving You

 この曲は全然知りませんでした。
 そうそう、また話題がそれますが、ユーミンの2枚目のアルバム「ミスリム」に「私のフランソワーズ」という曲がありあますが、あの「フランソワーズ」は、このフランソワーズ・アルディーのことなんだそうですよ。


nice!(4)  コメント(26) 
共通テーマ:音楽
フレンチ・ポップス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。