So-net無料ブログ作成
日本のポップス ブログトップ
前の10件 | 次の10件

Bye Bye Moon / CCB [日本のポップス]

 ふと気がついて、このサイトをみたらもう1か月以上更新していませんでした。
7月31日、夏も本番。
 きょうも朝からメチャクチャ熱いです。

 さて、夏のイメージというと、音楽では60年代のグループサウンズもそのひとつなんですが、わずか3年余りで消えてしまいました。
 誰かの歌じゃないですが、ふと気がつくと夏が過ぎ・・・ですね。

 80年代に、そんな60年代のグループサウンズを思い起こさせるグループが登場して、人気を集めました。
いうまでもなく、あのチェッカーズともうひとつ、ココナッツ・ボーイズというグループです。
 このココナッツ・ボーイズは、いつのまにか頭文字・・・でもないのかな、 CCBという名前になり、人気を集めました。

ccb.jpg

 髪をカラフルにそめたり、電子ドラム(?)などの楽器で、いわゆるテクノ系のイメージもあり、アメリカンオールディーズっぽいチェッカーズと好対照でした。
 
 ヒットはチェッカーズに軍配が上がったようですが、それでも西のチェッカーズに対し東のCCBなんていわれたんじゃないでしょうか。

 





 さて、そんなCCBの3連のバラードです。

 

 いいですね~。
ビーチ・ボーイズの「サーファー・ムーン」を彷彿とさせるというか、オマージュでしょうね。
 80年代の、いわゆる豪華絢爛重厚サウンド全盛のなかにあって、こういうサウンドも貴重でした。

 でも、最近メンバーがなくなったり、別のメンバーが事件を起こしたりで、もう再結成も不可能になってしまいましたが、彼らもまた80年代の「一瞬の夏」だったのかもしれませんね。
 あ、この「一瞬の夏」というタイトルの本もありましたが、あれも80年代でしたっけ? 


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

罪と罰 / 椎名林檎 [日本のポップス]

 椎名林檎というシンガーは、出てきたときはやはりインパクトがありましたね。
もちろん、それほど聴いたわけではなく、CDも持っておりませんが、我々の世代にとっては「今」の人ですね。

 でも、最初そんなふうにエキセントリックというか、尖がったイメージでしたが、カバーをだしたときには、意外におとなしくて逆にびっくりしました。
 また、テレビなどでお顔を拝見すると、ごく普通の女性という印象もあって・・・。

 さて、きょうはそんな椎名林檎さんの3連のバラードです。

 

 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

月光仮面 / モップス [日本のポップス]

 先日、街の中華料理店の野菜炒めが食べたくなって、某有名チェーン店に入りました。
こういうのを食べるのは久しぶりです。
 もうひとつ餃子も頼んでしまったのですが、さすがにライスは小にしてもらいました。
yasai.jpg

 たぶん学生時代いちば食べたメニューでしょうね。
お金が少なくなると餃子はなしですが。(>_<)

 よく聞くのは同じようなものでレバニラ炒めライス、というのがありますが、レバーが今ひとつ好きではないので、あまり食べませんでした。

 

 さて、野菜炒めじゃなく、そのレバニラ炒めライスと餃子といえば、じつは月光仮面の好物だったんですね。

 


 月光仮面    モップス

 なつかしいですね~~~。(>_<)
これが3連だったとは、すっかり忘れていました。
 モップスって、ジャンルとしてはグループサウンズに入るのかなあ?
もう後期というか、多くのグループサウンズが解散したり引退したりする中、わりと実力派みたいな感じもあったし・・・。

 それはそうと、レバニラ炒め、こちら関西に帰ってきてあれっと思ったのですが、「ニラレバ」炒めという人が多いんですよね。
 レバニラじゃなく、ニラレバ。
こういうケースって、焼き肉のタン塩もそうです。
 こちらでは、圧倒的に「塩タン」という人が多いようです。
ほかにもマックとマクドとか、関東と関西では微妙に違うのが面白いですね。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

ろっかばいまいべいびい / 細野晴臣 [日本のポップス]

 ここのところ、いろいろ忙しくて(んなことはありませんが)更新が遅れ、ついに1か月に1回ペースになってしまいました。
 忙しいというより、自分としては大きな催し物がありました。
30年以上前に担当していたラジオの深夜放送、パックインミュージックのイベントがあったのです。

tbs.jpg
 なぜ、今になってそんなイベントが行われるのか、これには驚くべきことがありました。
 番組は1967年に始まり82年に終了しました。
オールナイトニッポンやセイヤング、関西ではヤンリク、ヤンタンといった番組などとともにラジオの深夜放送ブームを作った「パック・イン・ミュージック」です。

 曜日ごとにいろんなパーソナリティーが出演し、また15年間には何度も入れ替わりました。
 山本コウタローさんのことばによれば「吉田拓郎は「結婚しようよ」が、南こうせつは「神田川」がヒットしてパックを「卒業」していった、僕(コウタロー)は「岬めぐり」がヒットしても、4年以上卒業しなかった」です。

 そんななかで、67年から82年までずっと担当したのが、野沢那智さんと白石冬美さんのコンビです。
 この「那智チャコパック」は、何冊も本が出版されたり、82年の終了時には都内で反対デモ!が行われたり、朝日新聞の天声人語に取り上げられたりするほどで、強力なファンがついていました。
 そのファンは、インターネットもない時代から交流し、それが今もずっと続いています。
そして、みんなが放送を録音していたCDRをTBSに寄贈したことから、止まっていた時間が動き出したのです。
 さらに今年、そのCDRが商品化され、また雑誌ではアナウンサーで番組に出演していた故・林美雄さんのルポルタージュが連載されるなど、話題が盛り上がりました。
 それをきっかけに企画されたのが、今回のイベントでした。
つまり、きっかけはすべて当時のリスナーが作ったのです。

puck in music.jpg
 会場には当時の大プロデューサーや、歴代ディレクターなども顔を見せ、まさに「同窓会」だったのですが、もちろん大先輩ばかり。
 私はリスナーの後ろのほうで小さくなっているしかありませんでした。

 私は昼の部の終了時間に到着したのですが、このイベントのきっかけを作ったリスナーのみなさんにつかまり、連れていかれたところが初代ディレクターで「鬼」とよばれたプロデューサーのK沢さんと、2代目ディレクターのS藤さんの前!

 わ!冷汗がたら~!
お白洲に座らされた罪人みたいじゃないですか。(^_^;)
 
 なお、イベントの詳しい内容は、こちらで。  パックインミュージック

 さて、今日の3連のナンバーは、パーソナリティーの一人(今回は出演されませんでしたが)馬場こずえさんや、惜しくも2002年に亡くなった林美雄さんなどがよくかけていた(と思う)、細野晴臣さんの名曲にしましょう。

 ろっかばいまいべいびい   細野晴臣

 しかし、このイベント、観客の年齢層はやっぱり高いですね。(^_^;)
この前のローリング・ストーンズの時よりも高かったような気もしますが。
 仕方ないですよね、番組が始まったのは67年で、終わったのも82年で32年も前ですから。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Linda / Ann Lewis [日本のポップス]

 アン・ルイス「リンダ」といえば、2007年1月このブログをスタートして2回目に取り上げたのがこの名曲でした。
もう7年もたってしまったんですね。!
 たしか、アン・ルイスが桑名正博と結婚したときに竹内まりやが作ったんですよね?
竹内まりやが初めてほかの歌手に提供した作品で、これがきっかけとなって楽曲提供がどっと増えたというようなことを、ラジオで聴いたような記憶があります。

 でも、ほんとにいい曲ですよね。
3連のバラードの代表曲といっていいでしょう。
 今日紹介するのは、別ヴァージョンです。

 リンダ  アン・ルイス

 アン・ルイスのその後の大ヒットにくらべると、派手ではないので、知らない人も多いのですが、個人的にはこういうタイプの曲のほうが、アン・ルイスには合っているような気がします。
ann lewis.jpg
 


nice!(1)  コメント(8) 
共通テーマ:音楽

虹と雪のバラード / トワ・エ・モア [日本のポップス]

 今年は冬季オリンピックイヤーで、今回はソチで競技も始まったようですね。
これを書いている時点で、まだメダルなどは決まっていませんが、どうなんでしょうね?

 ところで、この冬の競技で、スキーとかスノーボードの競技を見ていると、下手なDJのような中継というか解説というかよくわからないアナウンスがついていますね。
 あれは何なんでしょうね?

 むかしFMラジオなどで英語のDJが流行った時、英語ができないのにわざと英語のようなアクセントでしゃべる人がいっぱいいました。
 あのどちらかというとクセのあるというかアクの強いアナウンスが競技中の会場に聞こえます。

 あれって誰も違和感がないんでしょうか?
ちゃんとした英語かと思ってきいていると、LとRがでたらめだったり、滑舌が悪かったり。
 あんなヘンなしゃべりだったら、ないほうがよっぽどよいと思うんですけどね。
(-_-;)

 さて、今日の3連は、やっぱりこれでしょう。

 虹と雪のバラード   トワ・エ・モア

niji.jpg  もちろん1972年、札幌で開かれた冬季オリンピックのイメージソングですね。
 この時代は、まだあんなへんなDJのようなアナウンスはありませんでしたね。

 
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

That Lucky Olud Sun / 久保田真琴 夕焼け楽団 [日本のポップス]

 新年に入って8日も過ぎてしまいました。(>_<)
ことしの正月は、3日に急に具合が悪くなり、点滴なんて大げさなことになってしまいましたが、なんとか立ち直りました。
 というわけで、今年最初の記事です。

 やはり、正月らしく、明るい曲をと思ったのですが、なかなかいい曲が見つかりません。
ちょっとマニアックなんですが、こんな曲がありましたね。
rakki.jpg
 That Lucky Old Sun 検索すると、ルイ・アームストロングとか、レイ・チャールズ、フランク・シナトラなどそうそうたる大シンガーが取り上げているスタンダードともいえる曲です。

 でも、3連のアレンジにはなっていない場合が多いので、きょうは日本の名演奏です。

 なかでも、このグループの演奏は素晴らしいですね。
ニューミュージックという言葉が生まれたころから、独特な音楽でわが道を進んできたバンドですが、なぜか日の当たる場所にはあまり出てくることはありませんでした。

 久保田真琴 夕焼け楽団  That Lucky Old Sun

  いい曲ですね~。
ただ、一つ残念な感じもするのが、歌詞の中の「ごろんごろん」というところ。
 たぶん、英語の歌詞のロール・アラウンドに合わせたんだとは思いますが、ゴロンゴロンと歌われると何かイメージがわきませんね。(>_<)


nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

続ガールフレンズ / 松任谷由実 [日本のポップス]

 さあ、秋も深まって、と言いたいところですが、今年は10月も中旬になっても真夏日!?
日本は、というより地球はいったいどうなってしまったんでしょうね。
 きのう10月11日の蒸し暑さは、まるで梅雨の時期みたいでした。

 とはいうものの、カレンダーは着実に進んでおりまして、運動会、文化祭、秋祭りなどいろんな行事が行われています。
 日本では、結婚シーズンでもあり、これからしばらくはあちこちでライスシャワーが見られるんじゃないでしょうか。
 
 さて、ユーミンの歌の中にも、いくつかそういう「結婚」をテーマにしたものがありますね。
これもその一つですね。

 続ガールフレンズ 

daiya.jpg いま、いわゆる「女子会」というものが大流行ですね。
そこで話されている内容は、我々には知る由もないのですが、まあだいたいは想像がつくような気もしないでもない、かもしれない、よくわかりませんが。
 (-_-;)

 でも、この歌詞に出てくるような内容も、多いんじゃないでしょうか。
年代が上がってくると、ちょっと変わってきて、もうすこしえげつな・・・いや、社会的な話になるとかならないとか、よくわかりませんが・・・。
 (-_-;)

 でも、いいですよね。
旦那が汗水たらして働いている時間に、こっそり集まりオシャレなレストランで3000円ものランチを・・・。
(-_-;) 
 いや、みんながみんなそうだとは言いませんが。


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

見上げてごらん夜の星を / 坂本九 [日本のポップス]

 全国的に、オヤジバンドとかおばさんバンドが大流行り。(^_^;)
なにをかくそう、ワタクシめにもお声がかかり、ギターで手伝ってまいりました。
 いずみたく特集とかで、4曲ほど演奏したのですが、いずみたくさんの曲って意外にオシャレなコードがあったりして、なかなかいいですね。
kawasakiya.jpg
 そんな中のひとつ、坂本九さんの「見上げてごらん夜の星を」があったのですが、楽譜を見たらアレンジの後半が3連でした。
 今まで気がつきませんでした。(^_^;)

見上げてごらん夜の星を

 あ、もちろん我々のヘタな演奏ではありません。(^_^;)

 ところで、こういうアマチュアバンドが、スナックとか喫茶店などでライブをするのが流行っていますね。
 滋賀県の長浜市内だけでも、何軒もあります。
アマチュアだけではなく、有名なプロのかたも来ていたりして、びっくりすることがあります。
 カラオケもいいですけど、やはり生演奏で歌うのは、一味違いますね。
 
 


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

甘い予感 / 井上陽水 [日本のポップス]

 ちょうど今ごろの季節、夏休みが始まったばかりという時期に、ときおりラジオでかかったりする曲で、それほどヒットはしていないのですが、なぜか耳に残っている、そんな曲ってありますよね。
 アン・ルイスの「甘い予感」などもその一つではないでしょうか?

 これはユーミンがオリジナルで、たしかアルバム「OLIVE」に入っていたと思います。
とはいっても世に出たのは、このアン・ルイスのシングルがたぶん最初でしょう。
でも、このシングルはまったく売れませんでしたね。

 デビュー以来、歌謡曲路線からポップス、ニューミュージック系でやってきて、これがその最後で、このあとあの歌謡ロックというのでしょうか、激しい路線でブレイクするわけですが、個人的にはこのポップ路線のほうが好きですね。

 さて、この「甘い予感」を、なんと井上陽水さんがカヴァーしています。
これがまた素晴らしい雰囲気です。

Qween's.jpg
 甘い予感  井上陽水

 なんか、スタンダードジャズみたいで、いいですね~。
 (^^♪



 こういう、なんというのかな聴いていて、演奏されている楽器が1つ1つ見えるようなアレンジというか、楽器構成?はホントに気持ちがいいでですね。
 
 どうも最近、同じ楽器が演奏されていても、調整卓の中で作られたような音が多くて、閉口していたのですが、これだったらそのままステージで再現できるというか、ステージでこそ生きてくるようなサウンドで、心地よいですね。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | 次の10件 日本のポップス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。