So-net無料ブログ作成

Don't Chain My Heart / TOTO [ロック]

 スタジオ系ミュージシャン、そういう言葉があるかどうかわかりませんが、もともとスタジオで誰かのレコーディングに雇われて録音に参加し、そのレコーディングメンバーが集まってあらたにバンドとしてデビュー、意外と多いですよね。

 リンダ・ロンシュタットのバックがイーグルスになり、ボブ・ディランのバックがザ・バンドになり、日本ではユーミンのバックがティンパンアレイ、はっぴいえんどがあって、解散してレコーディングに参加したのかな?
 
 そういったグループのファンというのは、当然ながら楽器が弾けたり、そのバンドをカバーしていたりということが多く、しかもものすごく上手だったりします。

 TOTO は、ボズ・スキャッグスのバックから始まったんでしたっけ?
 このTOTOなど、いわゆるAORと呼ばれる音楽をカバーしている人もいて、これまたすごいんですよね。

 こんな動画がありました。
取材?かなにかで、リハーサル中にドラムを叩かせてくださいというリクエストがあり、それにOKが出て、アマチュア(?)が叩いている・・・

 TOTO リハーサル
 すごいですよね。(^^♪

 さて、今日の3連はそのTOTOのナンバーです。

 Don't Chain My Heart
 
 
動画の貼り付け方法がかわったのか、できなくなりました。
(@_@)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

My Baby's Gone / Glen Campbell [カントリー]

 大好きな歌手、グレン・キャンベルが亡くなりました。
いちおうカントリーというジャンルにしたのですが、スタジオミュージシャンといても活躍したり、あのビーチボーイズのツアーメンバーにもなったりしたこともあるので、ひとくちにカントリー・シンガーとはいえない大きな存在でした。

 グレン・キャンベルといえば、まずは「恋はフェニックス」そして「ラインストーン・カウボーイ」「ウイチタ・ラインマン」といったヒット曲が出てきます。
 でも、スタジオミュージシャンだったこともあり、ギターの腕は超がつくくらいの奏者でもありました。
1.jpg
 
 亡くなったニュースを見て、手持ちのアルバムを聴いていたのですが、やっぱり三連というかシャッフルのバラードがありました。
 

 このアルバム「恋はフェニックス」の5番目に入っている曲です。
 思い出のベイビー
 
 こういう哀愁のある歌は絶品ですね。

 RIP Glen Campbell
  

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

You Don't Know Me / Ray Charles [ポップス]

 前回、塚山エリコさんのPoppin'4というアルバムを紹介したとき、もうひとつこれもシャッフルというか、3連と関係あることに気がつきました。
 
 塚山エリコさんは、アルバムの最後に選んでいますが、これもいい曲ですね。
きょうはオリジナルのほうです。
   You Don't Know Me 

 レイ・チャールズといえば、もちろんソウル・ヴォーカリストですが、60年代にはジャンルを越えカントリーも歌い大ヒットしました。

 アフリカ系アメリカ人であるレイ・チャールズが、白人の聖地みたいなカントリーミュージックを歌う、それこそ当時はありえないことだったようですが、レイ・チャールズの素晴らしい歌が、その壁を見事乗り越えました。
ray (500x511).jpg 


 レイ・チャールズといえば、あの「いとしのエリー」をカバーした時には驚きました。

 ジャパンマネーというか、いや曲もよかったんですけどね。

  

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Union Pacific / Poppin' 4 [ジャズ・フュージョン]

 作・編曲、キーボード奏者とマルチな活躍をしている塚山エリコさん。
恐れ多くも、ひょんなことから「Facebook友達」にしていただき、ミュージシャンのいろんな世界を覗かせていただいております。

 その塚山エリコさんが、土方隆行(Guitar)、コモブチ キイチロウ(Bass)、渡嘉敷祐一(Drums)という強力なミュージシャンを引き連れ、Poppin'4としてニューヨークの名門スタジオ、アバタースタジオで素晴らしいアルバムを作ってきました。

1.jpg 
 この4人に、ニューヨークのトップスタジオミュージシャンによるホーンセクション、パーカッションなどが加わり、大好きなサウンドになっています。

 何よりうれしいのが、それぞれの楽器の音がしっかり聴こえるということ。

 タイトルは Made in Manhattan
 
 収録曲のひとつ、Lovin' you は自分の参加しているバンドでも演奏したくなって、先日さっそく練習しました。

 
 あ、このブログは3連のバラードを集めるものでしたね。
その3連の兄弟というか、切っても切れない関係にあるのが、シャッフルというリズム、日本でいうと音頭と一緒かもしれません。

 3連はタタタ タタタですが、シャッフルはタッタタッタ、両方が混じってタタタタッタ タタタタッタという形になったりもします。

 このアルバムにも、そんなシャッフルで演奏されている曲があります。

  Union Pacific  
 こちらからどうぞ。

 Poppin'4
2.jpg

 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。