So-net無料ブログ作成
検索選択

ココナッツシャンプー /  二名敦子 [日本のポップス]

 石鹸とかシャンプーの香りって、やっぱり若さとか爽やかさをイメージさせて、いいもんですよね。
 いまの季節、香水とかオーデコロンなんかよりも何かぐっとくるものがあります。

 シャンプーがタイトルに出てくる、こんな素晴らしい3連のバラードがありました。
 ココナッツシャンプー 二名敦子

 

  
 ところで、最後のほうに出てきた男性シンガー、誰だと思いますか?
 じつはあの芳野藤丸さんです。

 この時代はスタジオミュージシャンとしても活躍していたのかな?
 たぶんギターもそうでしょう。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

恋と涙の17才 / 中尾ミエ [ポップス]

 昭和30年代の後半から40年代にかけて、アメリカンポップスやフレンチポップス、カンツオーネの歌詞を日本語にしてカバーすることが流行りました。
 テレビでも「ザ・ヒットパレード」や「シャボン玉ホリデー」などで、そういったポップスを歌う歌手がたくさん登場して人気を集めました。
 そんな歌手のひとりが中尾ミエさん。

 一番のヒットはコニー・フランシスの「可愛いベイビー」でしょうか。
もうひとつ、これもよく耳にしました。

 
 いうまでもなく、レスリー・ゴアの大ヒット曲ですね。

 あの時代、中尾ミエさんのほかにも、ホントにたくさんの歌手がポップスのカバーを歌っていました。
 この中尾ミエさんはもちろん、伊東ゆかりさんにしても、弘田三枝子さんにしても、みんな歌がうまいというか、安心して聴いていられます。

 このあたりは、今の多くのアイドルとは決定的に違うところでしょうね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽