So-net無料ブログ作成

男が女を愛するとき / 小野正利 [ポップス]

 最近の歌を聴いていると、やっぱりハイトーンの歌手が多くなりましたね。
ロック系では特にそうですね。
 カウンターテナーでしたっけ?
男性が声がわりせずに大人になって、女性のようなソプラノで歌える人も見かけますが、それは別にして今は高い声の人が多くなりました。

 この人もそうですね。
 小野正利  「男が女を愛するとき


  これを聴いていても、確かに歌は凄いのですが、ネックは英語の発音ですね。

 最近、一般の人でもジャズヴォーカルにチャレンジする人が増えているようですが、ほとんどが学校英語というか、「英語」の時間に覚えた発音です。
 よく聞く、「L」 と 「R」の違い。
SとSH、THから始まるサ行の発音の区別。
 BとVの違い。
What When などの wh の発音。
 それからnで終わった単語のあとに母音が来た場合の発音、このあたりができると、かなり英語っぽく聞こえます。

 さらに、日本語にない ar er ir ur or などの発音、hard letter heart first tour このあたりは本当に難しいですね。


 と、エラそうなことを書いていますが、私も自信はありません。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。