So-net無料ブログ作成

(At) The End / Gerry & The Pacemakers [ポップス]

 60年代に、イギリスのリバプールから登場したグループ、いわゆるマージビートはビートルズを筆頭に世界を席巻しました。
ちなみに、マージーというのはリバプール市内を流れる川のことだそうですね。

 日本ではリバプールサウンズというような名前のほうが一般的ですね。
このリバプールから出てきたグループで、ナンバーワンはもちろんビートルズで、あらゆる面において別格でした。
 そのビートルズのマネージャー、ブライアン・エプスタインが彼らに続いてマネージメント契約をしたのが、ジェリート・ペースメーカーズです。

ジェリー.jpg

 

 デビュー曲は、How Do You Do It 「恋のテクニック」は、ビートルズが発売を拒否したナンバーといういわくつき。

 

 

 

 

 

 

 
 詳しくは、マニアの方のサイトやWikiなどを調べていただくとして、そんな彼らもビートルズと同じく、アメリカのナンバーをカバーしています。

 アール・グラントの名曲、The End (アール・グラントのシングルでは「愛よ永遠に」という邦題がついていました)を歌っています。

 


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

ラーメン

そういえば竹内まりやに「マージービートで唄わせて」
という曲がありましたね。彼女もリバプールサウンドが
好きなのかな?
by ラーメン (2016-11-03 14:00) 

Ma-toshi

世代的には、ちょっと遅いんですよ。
リバプールサウンドはビートルズなどのグループが出てきたときで、竹内まりやさん世代のときには終わりかけていたんじゃないでしょうか。
どちらかというと、竹内まりやさんのバックに入っていたミュージシャンが聴いていたんじゃないでしょうか。
by Ma-toshi (2016-11-03 22:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。