So-net無料ブログ作成
検索選択

グッドバイモーニング / 宇徳敬子 [日本のポップス]

 音楽のジャンルというのは人によって微妙に違うものですが、例えば歌謡曲と日本のポップスもどこで分けるか難しいところです。
 いまはJ-Popという呼び方もありますが、そのJ-Popという言葉ができたのは、いつ頃でしたでしょうか?

 Jという言葉がつくというと、J リーグがありますが、 設立されたのが確か1993年ですから、そのあとでしょうね。
J-Popという言葉ができる前は、ニューミュージックですが、もうすっかり入れ替わってしまいました。
 J リーグができて、それが大人気になって音楽の世界にまで進出、J-popという言葉ができたのも、自然の流れかもしれません。

 さて、そのJ-Popと歌謡曲の間の微妙な位置にいたのが、宇徳敬子。
BBクイーンズのコーラスから、MIKEという名前のガールグループでも活躍し、ソロになったようですが、スタジオシンガーとしても様々な歌手のバックを勤めているとか。

 そんな宇徳敬子さんの3連のバラードです。

 


nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 4

ラーメン

MIKE時代のヒット曲に「思い出の九十九里浜」
というのが有りますが、確か色んなタイトルを
羅列していました。それに似たパターンで「演歌
ちゃんちゃかちゃん」というのがあったのですが、
覚えていますか?
by ラーメン (2016-09-22 19:34) 

Ma-toshi

返信が遅くなりすみません。
ありましたね~「思い出の九十九里浜」もちろん、「演歌ちゃんちゃかちゃん」知ってますよ~。(≧◇≦)
そっちの方がよく覚えています。
カラオケが増えて、ああいうスタイルのことが生でできるスナックなどは少なくなりましたが、やっぱり生演奏は楽しいですね。
by Ma-toshi (2016-10-24 08:16) 

Harriet

MIKE, CD持ってます。芳野藤丸がアレンジを担当している上、某ドラマーがサポートで入ってるので。^^;
でも、打ち込みっぽいのも多い気もするんですよね。(よくわかんない)

「演歌ちゃんちゃかちゃん」、聞いたことがなかったので、YouTubeで調べてみました。^^;
歌もつなげ方も、うまいですねえ。^^
https://www.youtube.com/watch?v=YYAJYBAnotc
by Harriet (2017-04-08 10:52) 

Ma-toshi

某ドラマーがからんでいるんですか。(^^♪
みんなスタジオ系が多いのかな。
演歌チャンチャカチャンは、76、7年ごろで、まだカラオケがそれほど普及していないころのピアノのあるスナックの雰囲気ですね。
あの時代、ピアノとかオルガン!が置いてあるスナックが普通にありました。
by Ma-toshi (2017-04-10 08:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。