So-net無料ブログ作成
検索選択

Bye Bye Moon / CCB [日本のポップス]

 ふと気がついて、このサイトをみたらもう1か月以上更新していませんでした。
7月31日、夏も本番。
 きょうも朝からメチャクチャ熱いです。

 さて、夏のイメージというと、音楽では60年代のグループサウンズもそのひとつなんですが、わずか3年余りで消えてしまいました。
 誰かの歌じゃないですが、ふと気がつくと夏が過ぎ・・・ですね。

 80年代に、そんな60年代のグループサウンズを思い起こさせるグループが登場して、人気を集めました。
いうまでもなく、あのチェッカーズともうひとつ、ココナッツ・ボーイズというグループです。
 このココナッツ・ボーイズは、いつのまにか頭文字・・・でもないのかな、 CCBという名前になり、人気を集めました。

ccb.jpg

 髪をカラフルにそめたり、電子ドラム(?)などの楽器で、いわゆるテクノ系のイメージもあり、アメリカンオールディーズっぽいチェッカーズと好対照でした。
 
 ヒットはチェッカーズに軍配が上がったようですが、それでも西のチェッカーズに対し東のCCBなんていわれたんじゃないでしょうか。

 





 さて、そんなCCBの3連のバラードです。

 

 いいですね~。
ビーチ・ボーイズの「サーファー・ムーン」を彷彿とさせるというか、オマージュでしょうね。
 80年代の、いわゆる豪華絢爛重厚サウンド全盛のなかにあって、こういうサウンドも貴重でした。

 でも、最近メンバーがなくなったり、別のメンバーが事件を起こしたりで、もう再結成も不可能になってしまいましたが、彼らもまた80年代の「一瞬の夏」だったのかもしれませんね。
 あ、この「一瞬の夏」というタイトルの本もありましたが、あれも80年代でしたっけ? 


nice!(2)  コメント(2) 

nice! 2

コメント 2

caramelpapa

ccbになる前、
ココナッツ・ボーイズのアルバム、
持っていました。

ミュージックテープ仕様でした。

なんか、何処かの店で、
人気が出たので急遽テープ発売だったような?

あまりにも昔で、
よく覚えていませんね。

CDが発売される前、
まだまだ、
ミュージックテープ全盛だった頃かな?
by caramelpapa (2015-08-31 08:24) 

Ma-toshi

そうですよね、だいぶ昔のことになってしまいましたね。
ミュージックテープというのはあまり記憶にありませんが、演歌などではいまもあるんじゃないでしょうか。
スナックやライブハウスなどを回って、1本1本売り歩く・・・やっぱり演歌のイメージですね。
でも、いまやJ-Pop系のミュージシャンも同じです。
自分のCDをもって、全国各地を回っている人がいっぱいいます。
でも、ファンにとっては、そういう形が意外にうれしかったりするんですよね。憧れのミュージシャンが、すぐ近くで接することをできるということで。
by Ma-toshi (2015-08-31 09:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。