So-net無料ブログ作成

男が女を愛するとき / 宮之上貴昭 [ジャズ・フュージョン]

 年齢的にエレキブームを知っている世代なんですが、その60年代の真ん中あたりは、ラジオからベンチャーズなどの「エレキ」以外にも、いろんなタイプのギター演奏が紹介されていました。
 そんな中の一つで、60年代の後期に人気になったのがJAZZのウエス・モンゴメリーが演奏したポップスです。
もうすでに取り上げていますが、当時は本当によく耳にしました。

 このウエス・モンゴメリーの演奏を聴いてJAZZギターを目指したという人も当時はたくさんいました。
オクターブ奏法という、独特の演奏法が看板というか他にはないサウンドで、みんなそれをコピーし、真似をしていました。
 でも、なかなかプロみたいに出来る人はまわりにはいませんでした。

 そんななかで、70年代に見つけたウエスモンゴメリーの演奏を解説したというか、コピーするための教則本がありました。
 引っ越しやら何やらでもうありませんが、かなり話題になったんじゃないですか?
その本を書いたのが、確かこの人だったと思うのですが、違ったらすみません。

 素晴らしい演奏です。

 男が女を愛するとき  宮之上貴昭

 


 
 ため息が出るほど素晴らしいというか、いいなあ。
こういうのを聞くと、JAZZギターもやってみたくなりますね。難しいですけど。(^^♪

 ところで、この演奏しているところですけど、行ったことあるんです。
オルガンJAZZ倶楽部 」
 東京の西武新宿線で新宿から3駅くらいじゃなかったかな、沼袋という非常に庶民的というか地味というか、その駅に近いビルの地下にあって、素晴らしいところです。

 この演奏のバックでも聞こえますが、ハモンドオルガンの名器B-3が常設されていて、名手の演奏も聴けます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。