So-net無料ブログ作成

男が女を愛する時  ウェス・モンゴメリー [ジャズ・フュージョン]

 60年代の終わりごろエレキブームが去り、なにかほかに面白いギターはないか探していたとき、見つけたのがセゴビアのクラシック・ギターやロス・インディオス・タバハラスでした。
 そしてもうひとつ、そういったギターとはまったく違ったサウンドのギターを見つけました。それが、ウェス・モンゴメリーの「男が女を愛する時」でした。
このアルバムに収録されています。

 ラジオから初めて聴いたとき、エレクトリック・ギターということはわかるのですが、いったいどういうふうに弾いているのか、まったく想像できませんでした。
 それがオクターブ奏法という、親指でオクターブ(たとえばドなら1オクターブ上のドを同時に弾いてメロディーを作っていく)弾き方だったのです。
 ギターを弾かない方にとってはどうでもよいことですが、オリジナリティーあふれるサウンドは、当時ギターを弾いていた田舎の少年にとっては、これは大変ショッキングなことでした。
 本格的なジャズファンからは、これはジャズじゃないイージー・リスニングだ、といった声をよく聞きましたが、当時の私にとっては初めての「ジャズギター」体験であったことには間違いありません。これをきっかけにして、ジャズも聴くようになっていったのですから・・・。
 ちなみにこの曲のオリジナルはパーシー・スレッジのボーカルです。
   When a Man Loves a Woman
これももちろんいいのですが、ずっと後になってからマイケル・ボルトンという白人の歌手がカバーしました。
   Michael Bolton
 これがまた、なかなかいいのです。
このマイケル・ボルトンのヴァージョンのカラオケ・・・歌ってやろうとひそかに狙っているのですが、これが難しい!
 どうしても、あんなソウルフルな感じが出せません。


nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 6

deacon_blue

☆ マイケル・ボルトン風に歌うのは至難の業だと思います。なにせ「さあどうだ!俺はこんなに上手いんだぜ」という風に歌う名人ですから(^o^)。
by deacon_blue (2007-03-29 08:27) 

tsukikumo

おはようございます
この唄、以前から大好きでした。
本当、Mashi☆Toshi さんの選曲の良さには毎回ホレボレさせられます。
by tsukikumo (2007-03-29 09:00) 

Ma-toshi

deacon_blueさん

毎度コメント&ナイス、ありがとうございます。
マイケル・ボルトン・・・これ以外の曲って、ほとんど聞いたことがないのですが、他の曲もそうなんですか?
たしかに至難のワザ・・・ですね。
by Ma-toshi (2007-03-29 22:15) 

Ma-toshi

tsukikumoさん 

毎度コメントありがとうございます。
選曲のよさ・・・そ、そんな・・・。
3連のバラードを集めれば、誰がやっても同じですよ。
3連のバラードって、やはり日本人の琴線に触れる部分が
あるんじゃないでしょうか?
by Ma-toshi (2007-03-29 22:18) 

When A Man Loves A Woman大好きです。
マイケル・ボルトンがカバーしたとは知りませんでした(^_^;)

オリジナルをきけてよかったです。ありがとうございます☆
by (2007-04-03 18:49) 

Ma-toshi

monaさん、こんばんは

私も、オリジナルより先にカバーの方で知った曲なんです。
ウェスのなんともいえないギターワークで、高校時代すぐにとりこになりました。
でも、これを真似しようとか全然思わなかったのです。
ギターを弾いていましたが、どういう風に弾いているのか、
想像すらできませんでしたから・・・。
by Ma-toshi (2007-04-03 21:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。