So-net無料ブログ作成
検索選択

君に涙と微笑を ボビー・ソロ [カンツォーネ]

 60年代の真ん中頃、アメリカン・ポップスと同じくらいイタリアン・ポップス(カンツォーネ)が、日本に紹介されていました。
 イタリア語発音が日本語に近いこともあって、日本語の歌詞でも違和感なく歌えたことから、カバーもたくさん出ています。
 これは、そんなカンツォーネの名曲のひとつです。

もちろん、3連のロッカバラードです。
 50年代の中ごろ、エルビス・プレスリーが世界的な人気者になると、そのエルビスにソックリな歌手が、世界中に出現しました。
 イギリスにはクリフ・リチャードフランスにはジョニー・アリディ(当時はハリディ)、そしてイタリアではこのボビー・ソロが、そんな歌手の代表でした。
 この「君に涙と微笑みを」は、65年の、サンレモ音楽祭優勝曲。
  サンレモ1965
ちょっと音がよくないのが残念ですね。
 この年、伊東ゆかりさんもサンレモ音楽祭に出場しています。
ちなみに、このボビー・ソロ、前年の64年にはこの曲で出場していました。
 サンレモ1964
 これは「ほほにかかる涙」でしたね。この年は、ボビーは優勝できませんでした。(優勝はジリオラ・チンクエッティー「夢見る想い」)
 ところで、これらのヒット曲ですが、いまCDを手に入れよとするときには、ちょっと注意が必要です。ネット通販などで、検索すれば出てきますが、録音しなおしたものが多く、オリジナルではない歌でガッカリなんてことがあります(経験者は語る)。
 ボビー・ソロのオフィシャル・サイトがあります。
ここでも少し聴けますが、録音しなおしたヴァージョンです。


nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 6

am-light-right

イタリアンPopsにはまってました。ボビー・ソロ好きでした。
ミーナ「砂に消えた涙」も涙ものです。(笑)
by am-light-right (2007-01-27 16:28) 

Ma-toshi

 砂に消えた涙!
こういう曲はもう出てこないでしょうね。
 数年前、竹内まりやさんがカヴァーしましたね。
この世代のひとは、ほとんどが歌えるんじゃないでしょうか。
私も、上のパートも下のパートも歌えます。
 漣健児さんの日本語詞も、イタリアンメロディーに対し
何の違和感もなく、まさに名曲です。
by Ma-toshi (2007-01-27 20:38) 

caramelpapa

"砂に消えた涙"

名曲ですよね。
日本語訳の曲しか、ミーナの声を聴いていませんでしたが、
先日、原曲を聴いて、また感激一入。

  
by caramelpapa (2007-09-16 15:19) 

Ma-toshi

ホント、名曲です。
by Ma-toshi (2007-09-16 20:51) 

jazmys

「砂に消えた涙」もダウナラクリマスルービゾー、オカピトモンテコゼーと覚えてました。
by jazmys (2010-08-09 12:06) 

Mashi☆Toshi

jazmysさん
イタリア語の発音は、日本人には英語よりラクですね。
むかしはカタカナで書きとって覚えました。

オフォト ウン ブコ ネラ サビアペナスコンデレ・・・ですね。
(^^)
by Mashi☆Toshi (2010-08-09 23:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。